« 大人の科学マガジン ふろく 「パタパタ電波時計」 | トップページ | Pebble Watch の 天気とリンク切れチェックのWatchfaceがイイ感じ »

2013.05.01

iPad min用のカバー兼キーボード (LOGICOOL TM710)

The Brydgeの失敗(結局壊れて使い物にならず…)にめげず、iPad mini用のキーボードを入手しました。このタイプは既にiPad版が発売されており、mini版が出るのを(日本発売されるのを)楽しみにしていたのでした。
Img_0448
Ultrathin Keyboard mini - Logicool

ロジクール、iPad miniに最適化した画面カバー一体型キーボード「TM710」 -INTERNET Watch


先行他社の製品に比べると割高ですが、そこはLogicoolさんだけに質感、品質共に申し分ない感じです。
Img_0948
(強いて挙げれば、このお値段でソーラーパネル付きなら最高だったかな…)


iPad miniをヒンジで固定するタイプ(まさにThe Brydge)も魅力的ではありますが、このUltrathin Keyboardはがっちり固定されていない分、自由に使い回せるのが特徴ですね。

純正スマートカバーのように強力な磁石が付いていないのも、簡単に取り外せるための配慮でしょう。もう少し強力でも良かった気はしますけどね。(キーボード側を持つときは要注意)


iPad miniにはハードケースを装着していましたが・・
Img_0947
少しはみ出てしまいます。これでも固定はされますが、やはり気になります。で、少し削ろうとしたものの堅くて断念。(スマートカバーの幅に合わせて欲しかった)


そこで加工しやすそうなソフトケースにスイッチ。


そもそもスマートカバーに対応してないケースだったのでザックリとハサミで切り取り。
Img_0958
なかなか良い感じ。


が、ケースの厚みでキーボードの溝に入らない。ハードケースよりも厚かったとは…。
Img_0959
コーナーまで切り取ってしまうと本体が固定されなくなるし、どうしたものか。。


結果、キーボードに立てて使うときはソフトカバーを外すことに(!)
Img_0960
それなら裸でいいじゃん!とも思いましたが、ソフトケースの片側を切り取った影響で割と簡単に着脱できるようになっていたし、そこは気にならないのか!という矛盾を抱えつつもとりあえずこのまま使ってみます。


カバーとキーボードが一体化していると持ち運びに便利で邪魔にならず嵩張らず、それでいてキーボードの稼働率がかなり高くなりますね。慌てているときほど助かりました。

« 大人の科学マガジン ふろく 「パタパタ電波時計」 | トップページ | Pebble Watch の 天気とリンク切れチェックのWatchfaceがイイ感じ »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522/57287009

この記事へのトラックバック一覧です: iPad min用のカバー兼キーボード (LOGICOOL TM710):

« 大人の科学マガジン ふろく 「パタパタ電波時計」 | トップページ | Pebble Watch の 天気とリンク切れチェックのWatchfaceがイイ感じ »

2016年2月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
         

sidebar3

  • with Ajax Amazon

sidebar2

  • Clip to Evernote
    mobaio(@mobaio) - Twilog
    ■サイト内検索
    Loading
    RSS feed meter for http://mobaio.cocolog-nifty.com/pickup/




    counter
    since 2003/12/03

他のアカウント