« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.25

[フルセグ] SB-TV02-WFPL デジタルTVチューナー iPhone/iPadでローケーションフリーなTV鑑賞を

Softbankから「デジタルTVチューナー」が発売になりました。iPhone/iPadでついにフルセグ放送が視聴可能になります。しかも地デジだけでなくBS/CSまでも!
Img_0104
SoftBank SELECTION、国内初※1、iPadやiPhoneで地デジ、BS/CS放送をパソコンなしでワイヤレス視聴できる「デジタルTVチューナー」を発売 | ソフトバンクBB株式会社

3波チューナー搭載とはいえ視聴するだけの機能にもかかわらず、大手ネットショップでは次回入荷が来年1月下旬になっているようです。これは予想以上。

AmazonのSoftbank SELECTION直営店で取り扱いはあるのかな…。(15,800円が定価なのでご注意を)


TVチューナー本体はWiiくらいの大きさ。同梱のアンテナケーブルは1本、地デジとBS/CSを両方見る場合には別途ケーブルが必要です。B-CASカードはミニタイプでした。
Img_0105
ハード的に操作する部分がありません。電源スイッチすら無いので、基本は電源抜きさし。

電源投入時にLANケーブルが挿入されていれば、WiFi(or SIM無し)モデルで「ながら見モード」によるネットアクセスが可能になります。よってAPモード(有線LAN接続)推奨。

TVチューナーの無線LAN設定は変更できない(そもそも設定機能が無い)ので、本体裏面のPASSキーを控えておきましょう。唯一、アプリ側チューナー設定にある「Wi-Fi設定」でモード(APモード・スタンドアローンモード・STモード)変更が可能です。
[取説] SoftBank SELECTION デジタルTVチューナー「SB-TV02-WFPL」 - 製品特長 | 株式会社ピクセラ


TVチューナーの配線が終わったら、App Storeから「デジタルTV」アプリをインストール。
Img_0137
アプリ初回起動時にLAN内のTVチューナーを検索、確認後に居住地域のチャンネルスキャンを実行します。このチャンネルスキャンは視聴する端末毎に実行する必要あり。


チャンネル選択→映像表示まで数十秒かかりますが、この画質を見たら文句言えないか…。
Img_0177
※auのiPhoneでも問題無く使えます。

小さな文字までくっきり見えました。さすがフルセグ、さすがRetinaディスプレー。iPadでも十分キレイです。(iPad 3がRetinaディスプレーになったらどうなるのだろう…ざわざわ)

iPadに関して。iPad 1ではメモリの関係かアプリが落ちやすいです。他アプリを終了させ、「ながら見モード」off、画質は低画質(帯域節約)で安定視聴できています。


「ながら見モード」にすると映像は小さくなってしまいますが、それでも字幕は十分読めました。
Img_0175
横向きにするとブラウザ部分は非表示になります。


さて、今後利用率が高くなりそうなのがお風呂での視聴。iPad用の防水ケースが無いため、iPhone 4の出番です。
Img_0178
自宅の無線LANは2階、対角線上にある1階のお風呂は電波が弱い。そこで、お風呂上の部屋へ無線LAN APを一部移動させました。これでバリ3!安定視聴が可能になりましたよ。

バッテリーの消費はそれなりに高いと思います。iPhone 4の場合、30分視聴で約10%消費くらいでした。(高画質・ながら見モードoff)


あまりの高画質に録画機能が無いとかあまり気にならなくなったわけですが、EPG機能の追加は是非お願いしたい。チャンネル選択時に放送中の番組名だけでも表示させて欲しい…。

今後、TVチューナー側のアップデート(USB経由?)があるのかわかりませんけど、アプリ側のアップデートは期待してますよ!

2011.12.23

[PS Vita] 純正ポータブルチャージャーが出るまでの外部電源 (CP-ELシリーズ)

Vitaを外で充電する一番の方法は純正ポータブルチャージャーを持ち歩くこと…になるのでしょうかね?「2012年春発売予定」となっているので少なくともこの冬は代替策が欲しいですよ。

(そもそもVitaのコネクタってmicroUSBではダメだったのだろうか…。いまだに充電規格をコロコロ変えるってどうなのよ。)


Amazonで検索すると、来月末にVita対応をうたっているバッテリーが発売予定となっていました。

eneloop mobile boosterなどのスマフォ対応外部電源で充電出来るUSBケーブルをどこか出さないかな?ケーブル側で対応してくれると助かる人多数のはず。


そんな中こんな記事を見かけました。なんとSonyのポータブル電源ならVitaに充電できるらしい。
PS Vitaを充電するためのポータブル電源選び:C-TECバックルーム3:So-netブログ


CP-ELには付属のケーブルがmicroUSBのみとdockコネクタ(←microUSB)付きの2種類あります。

あと色も白と黒の2種類あり。


若干高くなりますがdockコネクタ付きを購入しました。
Img_0100
dockコネクタが600円くらい?


「Made for iPod iPhone」のロゴがあるから安心してiPhone/iPadに使えますね。
Img_0102
UKや台湾のAppleStoreでは純正の「iPhone Micro USB Adapter」が発売されているそうです。日本でも是非取り扱いしてください!
iPhone Micro USB Adapter - Apple Store (Taiwan)


さっそくVita充電テスト。電源側にスイッチ類はなくUSBケーブルを挿せば給電状態になります。
Img_0103
本体左下の「PS」ボタン、オレンジ点灯を確認!スリープ解除してみると右上電池アイコンが充電状態になっていました。これはありがたい。


先の記事にもあるように、これはあくまで応急措置。電圧とか微妙に違いますからね…。純正ポータブルバッテリーやVita対応充電ケーブルの早期発売を期待したいです。


ここからはちょっとオマケ。

VItaの無線LANでFonスポット接続。docomoの無線LANスポットが使えたらいいけどねー。
20111223133004
Fonアクセスポイントを選択後、ブラウザ起動。Fonログイン画面が表示されたらID/PASSでログインすればOK。Fonスポットはこちらでもそこそこあるし、これは助かる。


そしてコレ。
20111223141113
電車の中でnearったら、田園風景が続くこの場所でVitaユーザーが193人!?よくみたら何故か現在位置が神奈川県に!うぉい!まさかベース付近ではGPS誤差大きくなってるとか!?(隣国が…ですからねぇ)

2011.12.20

[おまけ] 週刊アスキー 2012/01/24増刊号 特製付録 スマホてぶくろ

ファミ通(12/1発売)からは遅れを取ってしまいましたが、今週の週刊アスキーの付録にも「スマホてぶくろ」が付録に付いてきます!
Img_0172
ファミ通はネイビー系、週アスはブラウン系と色違いなのと、ファミ通版には赤のFAMITSUタグが付いていますが週アス版には何も付いていません。タッチできる指は同じですね。

生地や作りは双方とも変わりないような気がします。もちろんタッチ性能はどちらも問題なし。iPhoneでもVitaでも使えます。


通常価格+100円ですし、この手の手袋(特に特殊加工の指先)は消耗品と思っているので…昨年使っていた同じニット系の手袋は1シーズンでタッチ効力が無くなってしまった…複数冊購入も*アリ*なのではないでしょうか?

店頭でスマフォ手袋を普通に買うと1,000円近くしますよね?


今シーズンは「スマフォ対応手袋」買う必要無かったな…。
来年も付録として出てきそうだけど、手袋片方を道に落としたりする可能性(!)もありますし、もう少し予備に買っておきたいと思います。


[関連記事]
[おまけ] 週刊ファミ通1200号記念 オリジナル手袋 (タッチパネル対応) スマフォにもゲーム機にも!: ぴっくあっぷ。

2011.12.10

青春18きっぷ 2011 (冬) 「立ち止まったり、振り返ったり。だから出会えた景色があります。」今こそ、列車の旅をする。

例年なら11月末にはポスターやチラシを確認できるので、今年は少し遅めですかね?数日前、広島駅に何度か行ったときにはまだ確認できませんでしたから。

そして今日、ようやくポスターを発見しました。ただ、チラシは見当たらず…。もしかして冬は張り出さないのかな?と思っていたところでした。
Img_0161
「立ち止まったり。振り返ったり。
 だから出会えた景色があります。」
 ※ロケ地は、五能線 川部~藤崎駅間。

写真右手は青森県の「りんご試験場」みたいですね。

大きな地図で見る
この冬は通販で青森のりんごを直送してもらいましたが、いやーかなり美味しかったです。


[関連記事]
ぴっくあっぷ。: 青春18きっぷ バックナンバー

2011.12.04

[TASCAM iM2] 純正カメラアプリで動画撮影のテスト

公式アプリ「PCMRecorder」が発売から2日遅れで公開になっていました。

PCM録音ってものすごくクリアで驚いたわけですが、iOSの制限でサンプリング周波数が44.1kHz(16ビット)に抑えられていてコレですから、個人的には満足しています。
Img_0097
音質にこだわり出すと、専用の機体が欲しくなるかも?


マイク性能そのものは↓と変わらないそうです。

専用機ならではの24ビット/96kHz対応。お値段的にはこちらの方がお得なのかな…。


コメントで質問をいただいたこともあり、お風呂の脱衣場で使っているセラミックヒーターをiPhone 4の純正カメラアプリで動画撮影してみました。※音が出るので注意。

昨日、電車乗ったときに録音しておけば良かった。ノイジーですいません。

(PCMRecorderアプリを使わなくても)外部マイクとして機能していますよね?とりあえず、その違いがわけっていただければ…と。


あと、ネットで見かけた意見にもありましたけど、iM2とドックコネクタとの接続はロック機構が働かないタイプ(充電ケーブル同様)です。外れやすい点に注意する必要がありますね。


【追記】 2011/12/05 08:24
昨夜の動画は音が小さかったから改めて今朝の電車内にて。

PCMRecordアプリで録音した音声はこちら。
111205 0001 by mobaio

2011.12.02

iPhone 4/4S用ドック接続 高音質ステレオコンデンサーマイク TASCAM iM2

きっかけは、先日吹奏楽の演奏をiPad 2でビデオ録画したときのこと。画は良かったのに音が割れて割れて大変申し訳ないことをしてしまった。
20111202_235727
そう言えば、運動会とかピアノ発表会とか、これまで大音量の室内でビデオ撮影したことが無かったし…。


そんなことがあって、何か良いマイクは無いか探していたところに、ドック接続の高音質ステレオコンデンサーマイクが発売になると知ったわけです。これなら大丈夫でしょう。
Img_0085
11/30発売だったようですが、今日届きました。
製品情報 → 製品: iM2 | TASCAM


詳しいレポはこちらの記事をどうぞ。
ASCII.jp:iPhoneでリニアPCM録音する「TASCAM iM2」の術


発売と同時に、このマイクの性能を100%引き出すための専用アプリが無料で公開される予定でしたが、残念ながら延期になってしまいました。
ニュース :: iOS用アプリ PCM Recorder ダウンロード開始 遅延のお詫び | TASCAM


とはいえ、ビデオ・録音アプリの外部マイクとして使うことは出来ますので。。
Img_0087
このマイク自体で調整できるのは、マイクの方向・入力レベル・リミッターon/off です。入力レベルの表示がある録音アプリだと分かりやすい。

純正バンパー非対応なので、バンパー愛用してる場合はドック延長ケーブルがあるといいかも。

あとこのレポにあるようにこの点には注意ですかね。録音時はフライトモード推奨。

ASCII.jp:iPhoneでリニアPCM録音する「TASCAM iM2」の術
なお、iOS側に問題があるらしく、製品をiPhone 4Sに接続した途端、いきなり3G回線が“圏外”になってしまうという現象があった。これはiM2に限ったことではなく、マイクアダプターに共通の悩みとのこと。

ただ、Softbankの4Sに接続したら即「検索中…」となったのに、auの4Sではまったく影響なく使えたぞ…。


何度か試しましたが、「検索中…」や「圏外」にはなりませんでした。
Img_0088
Softbank版とau版ってハード的に大きくは変わらないですよね?これは謎だな。


音声録音の心配が無くなったし、iPhoneのビデオ撮影回数が増えそう。
Img_0147


…ちょっと勇気が必要か。(苦笑
Img_0148


またカバンにモノが増えてしまったけど、常備しようと思います。

次回のコンサートはいつだろう?専用アプリの公開も楽しみです。

2011.12.01

docomo、ついにiPhone/iPad発売?

auの時もiPhone側キャリア側の通信環境が整い、後は時間の問題と言われて、事実その後参入した経緯がありますから、次世代iPhone(5)とdocomoのLTE(Xi)の関係もまた然り…のように思う。

ドコモ、来年夏にiPhone参入:日経ビジネスオンライン
NTTドコモは米アップルの人気スマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」の次世代機を日本国内で販売することで、アップルと基本合意した。ドコモはこの合意に基づき、まず来年夏に高速通信規格「LTE」に対応したiPadを日本市場に投入し、秋までにLTE対応のiPhoneを発売する見通しだ。

2012年以降は、docomo(Xi)、au(WiMAX 2)、SoftBank(XGP)と次世代4G(3.9G)通信が動き始めるし、それに対応したiPhoneが各キャリアから出る(?)となると、通信速度同様、世の中の動きがまた一段と早くなるのではないでしょうかね。


ただ、地方民にとってまだまだ次世代通信の恩恵は先になりそう…。
NTTドコモ -エリアマップ- 中国 「Xi」(クロッシィ)サービスエリア
2012年4月末時点でかなり限定範囲だし。(苦笑


docomo契約が先日10年目を迎え、この5年以上はSO902iWP+と歩んだ日々だったわけですけど、あともう1年頑張ってもらおう。
Img_0090
iPhoneでジェットストリームアタック出来る日はそう遠くない…かも。

[おまけ] 週刊ファミ通1200号記念 オリジナル手袋 (タッチパネル対応) スマフォにもゲーム機にも!

広島でのファミ通発売は通常金曜ですが、いつもより早くコンビニに並んでいました。見るからに分厚い。何のおまけだ?と思ったら…。
Img_0143
タッチパネル対応手袋ですよ!親指と人差し指の先端(青い部分)がタッチパネル対応加工されています。タグには「FAMITSU」の刺繍まで。細かい。※フリーサイズ男女兼用

実際にiPhoneで使ってみました。まったく問題なしですね。
これで本誌価格480円(通常価格+90円)だったらお買い得だと思いますよ。ファミ通GJ。


実はこの冬用にタッチパネル対応手袋を新調。このところ暖かいのでまだ出番は少ないですが、滑り止め加工してあるタイプだったり。
Img_0144
こちらは2,000円近いお値段なのに・・。(´・ω・`)


ニット系の手袋は1シーズンでタッチの効きが悪くなる気がするので(昨年初めて買った手袋がそうだった)、何組あっても助かりますよ。

確か、12/19号の週刊アスキーにも「スマフォ手袋」が付録になると今週号に書いてあったから、さらにもう1組追加になる予定です。


タッチパネル対応と言えば、先日噂の「su-pen」を入手しました。
Img_0145
先端が繊維系になっており、ゴム系に比べて摩擦が少なく滑らかな書き味でした。噂通り使い易いですね、これは。


プリンストンのタッチペンもなかなか良いのだけど、su-penを使った後ではペン先が摩擦で重く感じることがありました。ただ耐久性はこちらのが上かも?

寒さ対策として、通常の手袋にタッチペンという選択肢もありでしょう。

それにしても、タッチパネル対応手袋を付録で入手できる時代になるとは思わなかった。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »