« (2011/07/20) My Tweets | トップページ | (2011/07/21) My Tweets »

2011.07.21

eneloop pro と eneloop キャリングケースセット(N-WL01S)

今日はeneloopの新しいラインナップである「pro」とQi対応のキャリングケースの発売日でした。そして、もう一つ嬉しいニュース。
三洋、出力1.5倍で充電時間が短くなった“eneloop mobile booster” - 家電Watch
eneloopの新製品は「pro」「plus」と発表されていましたが、mobile booster(リチウムイオンバッテリー)系の新製品は今日まで発表が無く、先に発売になったPanasonicのチャージパッドシリーズに吸収されるのかな?と…実のところ諦めていました。そこへこのニュースですよ!KBC-L54DとKBC-L27Dが新たに発売(2011/09/08)になります。eneloop使いとしては一安心ですかね。

ただ、中身を見るとチャージパッドのQE-PL201やPL101とほぼ同じ仕様で、Qi対応が省かれている・ブラックが無い、の違いのみ?…にしてもQi非対応は痛い。ここはPanasonicブランドにアドバンテージがあると言うことでしょうかね。eneloopのキャリングケースはQi対応なのに…。

とはいえ、選択肢が増えるのはユーザーとして嬉しい限り。eneloopとしては引き続き太陽光発電製品でPanasonicと差別化したらどうでしょう?・・などと期待しております。


すでに予約受付が始まってますね。


さて、eneloop proの4本セットとeneloopキャリングケースが届きました。
Picture_20110721_at_204601
proは通常のeneloopに比べ、高容量(25%増の2400mAh)だけど充電回数が500回(約1/3)と少なくなっています。まずはお試しの4本です。


黒いeneloopはちょっとカッコイイかも。黒ければ通常のeneloopとは取り違えないですよね。
Picture_20110721_at_204613
よく見ると+端子にガス抜きの穴がありました。初期のeneloopにはあったものですが、キャリングケースに同梱されている最新eneloopに穴はありません。


主にiPhone充電用として使う予定です。(KBC-D1BS経由)
3GSのバッテリーを使い切ってから、ZERO充電で以下の記事と比較してみるつもり。
【eneloop】 eneloop stick booster (KBC-D1AS) iPhoneへの充電テスト: ぴっくあっぷ。
通常のeneloopが0%→64%だったので、proは80%くらい行きますかね。


【追記】 2011/07/23 01:31
給電時間は25%Up、回復容量は36%Upでした。proさん凄い!
eneloop pro を iPhone充電に使ってみた。25%増量は伊達じゃ無かった。 #eneloop: ぴっくあっぷ。


お試しの結果、気に入ればproの本数が増える…やも!?


キャリングケースはQi対応です。
Picture_20110721_at_204624
PanasonicのQE-CV201とロゴと社名以外は同じものですね。


さっそくチャージパッドで充電中。
Picture_20110721_at_204633
無接点充電はいいですよ。置いておけば勝手に充電されますから。わざわざケーブル接続?あり得ませんよ。(苦笑
mobile boosterのQi非対応が重ね重ね残念。

最近は乾電池式の扇風機を愛用してまして、毎日毎日eneloopの充電が発生しています。朝忙しい時もキャリングケースに入れて置くだけ。太陽光充電に空きがあればそちらにセットして出かける毎日です。

冬までには職場にもチャージパッドを常備したい。

eneloop kairoが待ってますからね。あれは朝だけでeneloopが空になるからなぁ。

« (2011/07/20) My Tweets | トップページ | (2011/07/21) My Tweets »

eneloop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: eneloop pro と eneloop キャリングケースセット(N-WL01S):

« (2011/07/20) My Tweets | トップページ | (2011/07/21) My Tweets »