2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« (2011/02/26) My Tweets | トップページ | (2011/02/27) My Tweets »

2011.02.27

6種米の最後は、夢しずく (GOPAN 24斤目)

まずは先週コメントを頂いて書き忘れに気がついたこちらのニュース。Twitterでは即RTしてたのですが…。(苦笑
パナソニック:三洋の有名商品ブランド「ゴパン」存続へ - 毎日jp(毎日新聞)
4月の予約(販売)再開以降はPanasonicのGOPANとして存続されるみたいで良かった。まさかエネループよりも報道が先とは驚きましたよ。

これは知らなかったのですが、他社から既に“余ったご飯からパンが焼ける”「パンくらぶ」が発売になっていました。こちらはGOPANよりお手頃価格になっています。
進化するホームベーカリー 余ったご飯で「米パン」ができる機種も登場:株/FX・投資と経済がよくわかるMONEYzine

余ったご飯から…っいうのはナイスなアプローチだなー。ご飯と小麦がほぼ半々なのでハーフGOPANって感じですかね。GOPANに「お米小麦パン」があるけど似たような味になるのかな?


さて、キャンペーンに当選して届いた「6種類のお米」はいよいよ今回の「夢しずく」で最後となりました。
Photo_2_27_8_32_42
お米が入っていた小袋は捨てるのが勿体無いから他で活用する予定です。野菜の種を入れたりとか。


前回使い切った無塩バターを買い足して15g投入を続行。
Photo_2_27_8_34_06
もう最近はミル時の音にすっかり慣れてしまいました。温めの水温だからお米が柔らかくなっていて砕きやすいのかもしれませんが…。


今朝の出来も申し分なし。またちょっとだけ腕を上げたか!?
Photo_2_27_8_34_23
てっぺんの出来具合が毎回違うのは見ていて楽しいです。


膨らみもまずまずでしょうかね。
Photo_2_27_8_34_52
底の羽の部分(周囲)に付いている「おこげ」的な部分が実は密かに美味しかったりします。


お米パンは冷めてからも美味しかったけど、やはり出来立てアツアツ良いです!
Photo_2_27_8_36_14
写真とって2度寝するつもりが、美味しそうな匂いに釣られてそのまま朝食へ。(笑い


6種米どれも甲乙付けがたい。夢しずくも美味しいなー。どのお米パンも好評でしたよ。
Photo_2_27_8_36_47
強いて個人的に順位を付けるのなら、上位は
 ふっくりんこ、あきたこまち
ですかね。見た目、触った感触、味・食感、今振り返っても印象に残るものでしたから。

さあ、来週は黒米パンにするか久々に小麦パンにするか…。また1週間考えるとします。
お!そうだ!来週からは3DSで立体写真撮っておくか!( ・`ω・´)

« (2011/02/26) My Tweets | トップページ | (2011/02/27) My Tweets »

GOPAN」カテゴリの記事

コメント

象印の機種は、専用コースではなくて、仕上がりを「もちもち」に設定して焼くようですね。工程は小麦パンと同じ。
他社の食パンコースでもご飯パンはちゃんと焼けますが、パンくらぶの機種は、強力粉(250g)に対して80%の重量のご飯(200g)を入れてますね。
これはかなり重たい生地になるので、捏ねる力が強いHBでないと、上手く捏ねられないでしょう。
お米100%の生地を捏ねるゴパンのモーターは、かなり強力だと思います。

パナソニックの1斤用だと、リーガルやエヌケーよりも捏ねる力が弱い感じがするので、ご飯を強力粉重量の4~5割以下くらいにしておかないと、羽根が上手く回らないのが難点。
水分量を多くすればコネ易いのですが、生地が緩くなってびよ~んと伸びたお餅みたいになるし、あんまり膨らまないんですよね。
コネ工程を2回繰り返せば、コネ具合は問題なさそうですが、ご飯に粘り気があって、モーターにかなり負担がかかるので、故障の原因になるかも。(ちょっと不安)
でも、ものは試しで、200gのご飯で作ってみたいですね~。

「夢しずく」、これもそこらのお店では見かけないです。
「ふっくりんこ」もそうですが、プレゼント用のお米はネーミングが良いですね。
「はえぬき」や「どまんなか」とは違って、とてもメルヘンチックです。

yoshimi さん、コメントありがとうございます!

「パンくらぶ」のご飯パンは専用コースではなかったのですね。なるほどー。
炊いたご飯を食べきることは中々稀なことなので、毎回冷ご飯で残っていくよりか、パンに再(?)利用できるのなら、それはそれで助かるお家が少なからずあるのではと思いました。
※GOPANにこの機能を!と言うよりはGOPANでご飯炊ける方が先のような気もしています。

モーター然り、特殊な羽(ミル)機構然り、GOPANは特許の塊っぽいですし、他メーカーが同様のHBは出し辛いのかなぁ、と。出るとすれば他の形で米粉にしてから…に?何れにしてもあのサイズに収めるのが大変だと思いますねぇ。

「夢しずく」は佐賀のお米だそうです。GOPAN用に通販で取り寄せるのなら、普段買うことのできない地域のお米を選ぶ!今後の楽しみの一つになるかもしれませんね。

GOPANでご飯を炊くのって、良いアイデアですね~。炊飯器、いらなくなるし。
ついでに、GOPANで固めに炊いたご飯にグルテンを加えてパンを作れば、ミル時の騒音問題も解消するかも。
多分、検討はしたでしょうが、何らかの理由でボツったんでしょう。(イースト投入口が蒸気で高温になったら菌が死んでしまうとか、水分量が一定しないとか、etc.)

GOPANはすでに50件以上の特許を出願中で、ためしに検索してみたら、もう11件は公開されてましたね。(登録済みかどうかは未確認)

国際特許出願もしているそうですから、ワールドワイドに売るつもりかな?
お米が主食のアジアは、パン食が増えるでしょうから、かなり有望かも。
海外でも、小麦アレルギーの人がいるでしょうし、カリフォルニア米とかはとても安いので、潜在需要はありそうです。

キャッチフレーズは「ごはんもパンもこれ1台!」みたいな感じですかね。( ・`ω・´)

この(↓)記事を読む限り、米→米粉→パンという流れで研究・検討されていたようですが、ご飯からパンは「3つの壁」の2つ目(水分量?)に該当するのかも?
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/newtech/20101112_406131.html
そもそも「ご飯から」という選択肢があったのかな!?気になります。

小麦価格は(コーヒーなどと同じく)需要が供給を上回り今後高くなる一方ではないですかね?その点からも「米」「米粉」の役割は大きくなる可能性がありますし、GOPANはその先鋒となってくれると期待しています。

小麦の価格は、国際相場と日本で政府から民間へ売り渡される価格との間には、かなり乖離があります。
民間が直接輸入しようとすると800%近い関税がかかるので、今は政府が一括して輸入しています。

このまま小麦の国際相場が上がれば、現在の仕組みだと国内価格も上昇するのですが、TPPに日本が参加した場合は、この仕組みが見直されて、国内価格が値下がりする可能性はあります。

一方、お米は、TPPに参加しない限り、政府が農業団体の圧力に負けて買い支えしているので、当面、大きくは下落しない感じですね。

結局、米と小麦の価格差は、TPPの成り行きに左右されるのではないかと思っています。
さて、TPP、日本はどうするのでしょうね?

お米は、唯一100%自給できる農産物なので、お米パンは本当に必須アイテムですね。
GOPANは、騒音をどうにかしないと、ご近所の苦情問題から、使えない人が結構いるでしょう。
私も、あの騒音にはちょっと引くところがあるので....。改良技術に優れたPanasonicに期待しています。

TPPどうなりますかね〜。新興国の需要は当面右肩上がりでしょうし…昨今の異常気象を考えると安定供給面で常に不安の残る印象です。中長期的には食料自給率を上げる方向に舵を切って欲しいものですが…さて。と言うか明日の日本よどうなる!?ですものね。現実は。。

地元のニュースで、コンパクトになった米粉製造機(?)が紹介されていました。お値段が260万→30万くらいになるとか。コンパクトになったと言っても家庭用としては大きすぎるから、GOPANのあのサイズにすべて詰め込んだ技術はスゴいなと思いました。

GOPANのミル音、浸水時間を長く取ってお米を柔らかくすれば多少抑えることはできるものの、GOPAN2では1番の改善点になりそう。例えば、ヘッドフォンの機能で「ノイズキャンセリング」ってありますよね。音を音で消すアレです。出る音は仕方ないのでそれを逆位相の音で消音できれば、あるいは・・。
Panasonicのオーディオ機器部門頑張れ!( ・`ω・´)

もう見ました、面白いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6種米の最後は、夢しずく (GOPAN 24斤目):

« (2011/02/26) My Tweets | トップページ | (2011/02/27) My Tweets »