2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« (2011/01/29) My Tweets | トップページ | (2011/01/30) My Tweets »

2011.01.30

この寒波の中、大健闘のササニシキパン。 (GOPAN 20斤目)

今週末も寒波襲来だけど、当選した6種米はまだコシヒカリしか使ってないし、そろそろプレーンなお米パンが焼きたいかなーと。
Photo_1_30_9_41_03
コシヒカリの次はササニシキパンにしてみます。


頂いたコメントなどを参考に、今回は無塩バターを若干多めにしてみました。(20%増量中)
Photo_1_30_9_41_16
例によって水温は温めに。コシヒカリパンは(同じく寒波襲来で)あまり膨らまなかったんだよなー。うまく焼けるでしょうか…。


AFCアジアカップの決勝戦を最後まで観戦したため、焼き上がりまで4時間無かった・・けど意外に目がぱっちり覚めました。
Photo_1_30_9_41_40
おお!てっぺんはやや白い感じだけどよく膨らんでいる感じですよ!


コシヒカリよりお米の粘りが少ないからなのでしょうか、室温・水温はほぼ同じことを考えるとササニシキの方がよく膨らんでいるし、見た目の印象は良いですね。
Photo_1_30_9_42_00
ケースから取り出し難かったのは、よく膨らんでいる証拠かな?


味は・・コシヒカリパンはどうだったっけ?覚えてないぞ。(苦笑
Photo_1_30_9_42_26
いつものお米パンに比べると、無塩バター多めだった割にご飯の風味を強く感じましたね。出来上がりも味もササニシキ大健闘!

« (2011/01/29) My Tweets | トップページ | (2011/01/30) My Tweets »

GOPAN」カテゴリの記事

コメント

ササニシキ、この寒い最中、ふっくら焼きあがっていますね~。
バターはノビを良くするので、増量効果があったのでしょうが、
粘りの違いの方が効いているように思います。
ササニシキの方が粘りが少ないのは、アミロース(と蛋白分)が多いせいらしいです。強力粉でも蛋白分が多いと膨らみはよくなりますね。
膨らみ方が違うと、もちもち感もだいぶ変わるのかな?

バターは同じくらいでも、南部小麦よりもキタノカオリの方が蛋白分が多いので、
ご飯パンがよく膨らみました。天然酵母モードだと、イーグルよりもよく膨らむくらいです。

もう見ました、面白いですね

yoshimi さん、コメントありがとうございます!

よく膨らんでいると「もちふわ」って感じですかね。膨らまないと「もちもち」感増量で、それはそれで味わいがありますよ。
お米パンは余程の失敗をしない限り、見た目はどうであれ食べると美味しいから助かります。

他4種のお米パンも楽しみになりました。
味の方は(大味な舌だけに…)違いがよくわからないかもしれないけど、焼き上がりは記録に残しているし違いが判りやすいかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この寒波の中、大健闘のササニシキパン。 (GOPAN 20斤目):

« (2011/01/29) My Tweets | トップページ | (2011/01/30) My Tweets »