« お盆休みのひとコマ (曇り→雨→晴れ→曇り…以下ループ) | トップページ | 【当選】 Mac Fan 2009/08号 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 特大ポスター »

2009.08.14

【eneloop】 eneloop portable solar (SSL-SBWL3AS) KBC-L3AでiPhone 0%→100%充電OK

今日は1日晴天でした。太陽光発電にはもってこい。

昨日に引き続き、eneloop portable solar → KBC-L3Aへの充電です。
2009081401
あまりに太陽光がまぶしかったので、13:00-17:00まで屋根の上に出しました。
#屋根との間にタオルを置いて、L3Aが熱くなりすぎないように。

L3Aの充電ランプは早朝6:00前から点滅開始、フル充電となった18:00まで約12時間の発電(充電)。
天候がコロコロ変わった昨日も時間的には同じくらいでしょうか。

フル充電のL3A(2500mAh)でiPhoneを1回充電(20%→100%)した後だから、おそらく残容量は
50%程度だと思うのですが、L3Aはそこからこの2日間でフル充電まで復帰しました。

外で太陽光を当て続けていれば、もっと短くて済んだと思います。
カラのL3Aを約1.5日でフル充電するためには、今日のような晴天下で外に出しておく必要がありそうですね。

窓に吊るす場合、直接太陽光が当たらないこともあって、倍くらいは日数がかかりそうな感じです。
どのみち太陽光発電には時間がかかるので、L3Aは2台体制(1台はカバンに1台はportable solarに)が理想かな。


L3Aがフル充電されたので、バッテリー0%のiPhone充電にチャレンジ。
2009081403
0%のSSは撮れないので1%になっています。この後、iPhoneは自動でシャットダウン。
#実際、0%まで使う(充電しない)なんて滅多に無いと思いますがw


L3Aを給電状態にすると、iPhoneへの充電が開始!
2009081402
これなら大丈夫そうですね。


待つこと3時間あまり。無事、フル充電できました。
2009081404
L3Aの残量表示は「充電可」、残容量40%くらい?
iPhoneのバッテリー残量が20%以上あれば、2回はフル充電できそうだなぁ。


近日単体発売される eneloop mobile booster の「A」シリーズは、L3A同様にiPhone充電用として期待できますね。
大容量のL2Aやeneloop対応のE1Aは portable solar対応でもあるし、多いに気になっております。


というか、portable solar自体もう1台あってもいいかな?と思うくらい。(゚ー゚;

« お盆休みのひとコマ (曇り→雨→晴れ→曇り…以下ループ) | トップページ | 【当選】 Mac Fan 2009/08号 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 特大ポスター »

eneloop」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【eneloop】 eneloop portable solar (SSL-SBWL3AS) KBC-L3AでiPhone 0%→100%充電OK:

« お盆休みのひとコマ (曇り→雨→晴れ→曇り…以下ループ) | トップページ | 【当選】 Mac Fan 2009/08号 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 特大ポスター »